アーロと少年感想とネタバレ

ここでは映画アーロと少年感想について書いていきます。まだ見ていない方はネタバレなども含みますので、ご覧になる際には注意して下さい。

アーロと少年感想

アーロと少年感想のあらすじ

3きょうだいの中でも体が小さな末っ子アーロは、甘えん坊で臆病な性格のため、常にみんなにからかわれていた。アーロは体が大きい兄や姉たちに少なからず劣等感を抱いていたが、両親の深い愛情に包まれてすくすくと育っていく。だが、ある日、アーロは川の急流にのまれ、たった一人で見覚えのない場所にたどり着き……。

スポンサーリンク

感想をチェック

う~ん……よくあるディズニー映画のプロットという感じで、目新しさは無いですかね。よくある映画の流れ・ストーリーですが、気弱で臆病な少年が冒険や出会いを通して勇気ある大人へ成長する。

それが今回のアーロと少年感想では設定が恐竜と人間が共存する世界ということになっていますが、よくも悪くもディズニーのノリで、過去のピクサー作品があまり合わないという方の場合には今回のアーロと少年感想だけが良いものになるとはあまり思えません。

しかし、逆に言えば過去のピクサー作品が大好きという方やお子様には可もなく不可もなしといった感じで十分おすすめ出来る映画になっています。

デートやお子様連れなど様々なシチュエーションでおすすめ出来る映画ですが、次にアーロと少年感想の他にもネタバレを含むあらすじを見ていきましょう。

ネタバレを含むあらすじ

アーロと少年は恐竜人間が共存している世界でのストーリーです。公式発表のあらすじにもある通り、その世界で生きるアートという少年が(臆病で人見知り)恐竜の世界に迷い込んでしまい冒険をするという内容です。

ラストは仲良くなった恐竜とアーロがお別れするという定番の泣かせる展開なのですが、恐竜が絶滅する訳ではないのになぜ分かれる理由があるの?など突っ込みどころがあるのも事実です。

こうした突っ込みどころを考慮してもアーロと少年感想は高評価でも十分申し分ない映画ですが、大人同士のデートなどでは白けてしまう可能性大なので他の映画もおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする