アーロと少年評価

アーロと少年感想

ディズニーピクサーファン待望の新作ですが、ここではアーロと少年評価について解説していきます。

あらすじ

3きょうだいの中でも体が小さな末っ子アーロは、甘えん坊で臆病な性格のため、常にみんなにからかわれていた。アーロは体が大きい兄や姉たちに少なからず劣等感を抱いていたが、両親の深い愛情に包まれてすくすくと育っていく。だが、ある日、アーロは川の急流にのまれ、たった一人で見覚えのない場所にたどり着き……。

スポンサーリンク

評価レビュー

ではアーロと少年評価について解説していきます。

ディズニーピクサーはこれまでも多くの名作を生み出して来ましたが、今回も評価が高い作品に仕上がっていると言えるでしょう。そのため過去のピクサー作品を見て「面白かった」という方にはぜひおすすめしたいのですが、ピクサー作品に対して子供っぽい、ギャグが寒いなどネガティブな評価を抱いている方はアーロと少年評価も低いものになるでしょう。

逆を言えば過去のピクサー作品やディズニー作品が好きという方にとってはよくも悪くも定番の王道ストーリーなので、退屈せずに見ることが出来るでしょう。

またこのストーリーの根幹ともなる少年と恐竜との友情ですが、あっけない理由で引き剥がされます。せっかく出来た友達との分かれというピクサー映画では定番の泣けるシーンとなるのですが、過去の作品と比べても唐突という感じが否めないので、なんで別れ別れになる必要があるの?という疑問を抱く方もいるかも知れません。そうした方にはあまりおすすめできませんが、子供や何も考えずに気軽に映画を見たいという方にはアーロと少年評価は高いものと言えます。

現在アーロと少年DVDレンタルもスタートしていますので、ぜひまだ見ていない方は視聴して下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする