ちはやふる映画のネタバレ付き解説

このページでは映画「ちはやふる映画」のあらすじやネタバレを解説しています。またデートやお子様と一緒に行く際にはラブシーンやベッドシーンの有無も気になると思いますので、映画内でのそういったシーンの有無や量なども解説しています。


目次

  1. ちはやふるの公開情報
  2. あらすじをチェック
  3. ネタバレを含む詳細な内容
  4. デートや子供連れなどシーン別知っとく情報
  5. 関連する映画
  6. つまらない? 酷評もチェックしておく

ちはやふる映画の公開情報・キャスティングのあれこれ

同名の人気マンガの待望の映画化作品。原作には熱狂的なファンが多く、誰がヒロインを演じるか議論になりましたが、結果的に時代を代表する若手女優である広瀬すずさんの抜擢には賛否両論がありました。

原作の主人公はロングヘアーであるという意見、また発表当時とんねるずの皆さんのおかげでしたでの広瀬すずさんへのバッシングなど風当たりは強かったですが、実際ビジュアルイメージや予告が公開されると広瀬さんの熱意溢れる演技に「当たり役」「ぴったり」という高評価も目立つようになりました。

スポンサーリンク

あらすじをチェック

ちはやふる映画あらすじ

主人公綾瀬千早(広瀬すず)は競技かるたに熱中する女子高生。競技かるた部の創設のために総勢五人のメンバーを集まるために奔走し、幼なじみの真島太一らが揃う。

合宿を行うなど熱心に競技かるたに取り組むメンバーだが、やがてライバル校となる北央学園の強さに圧倒される。

競技かるたに打ち込む高校生の姿を描いた清々しいまでの青春ストーリー。

ネタバレを含む詳細な内容

ここからはちはやふる映画ネタバレも含むので、見たく無い方は読み飛ばして下さい。

主要キャラクター

ちはやふるメンバー
綾瀬千早=競技かるたに熱中する女子高生(広瀬すず)
綿谷新=千早の幼なじみで競技かるたの名人の孫(真剣佑)
真島太一=千早・新と共に幼い頃競技かるたに明け暮れる。千早と同じく端沢高校の競技かるた部に所属する(野島周平)

競技かるたのためにゴールデンウィークを合宿に使うなど、運動部さながらの熱中ぶりを見せる千早ら競技かるた部のメンバーですが、その中でやがてライバルとなる北央学園の強あに圧倒されます。

この合宿でこの映画の根幹となる事実が明らかになるのですが、元々幼なじみとしてかるたに明け暮れていた千早・新・大知ですが、実は千早に恋心を抱いていたのです。
そんな大知の気持ちに気付かない千早は、新しく端沢高校に出来た競技かるた部を新に嬉しそうに報告します。

そしてスポ根映画のような過酷な強化合宿に挑む端沢高校のメンバーですが、この中で真島太一が抱えているあるトラウマが明らかになります。

真島太一は競技かるたの実力派非常に高いのですが、運命線では(自分と相手の札が一枚ずつになって取り合う場面、相手と自分の近くに一枚ずつ札が置かれていますが、当然自分の近くの札を読まれた方が有利なので、勝負の行方は運に託されるという意味合い)では全く勝てないという嫌なジンクスがあったのです。

日頃の行いが悪いからとからかわれる真島大知ですが、実は思い当たる出来事があります。小学校の時、千早の前で恥をかきたくなかった大知は対戦相手である新のメガネを隠してしまいました。この事を負い目に感じている大知はずっとかるたに苦手意識を持っていたのです。

そして端沢高校の競技かるた部は都大会優勝を目標にさらに練習を積み重ねます。

そして運命の都大会を迎えますが、序盤の不利な戦況を覆しながら端沢高校は大活躍を見せ、強豪校の北央学園とぶつかります。

この試合で大知は自らのトラウマやジンクスを乗り越え、見事運命戦を制します。

都大会の優勝を経て、夢の全国大会への切符を勝ち取った端沢高校ですが、千早の心には幼なじみの新に会えるという期待で一杯になっています。

しかしそんな千早の思いとは裏腹に、新は大知との電話口で「もうかるたはやらない」という突然の宣言をしてしまいます。

この発言がどのような意味を持つのか? という謎を残したまま舞台は映画ちはやふる下の句へと移ります。
まだ原作は継続中ですが、続編は上の句・下の句と分けられているように二部作と予想されます。

ちはやふる映画シーン別知っとく情報

ちはやふる映画は中高生のデート向け映画としても人気です。舞台自体が高校なので馴染みやすいですし、出演中の俳優さんらも広瀬すずさんや真島太一さんなど中高生にも人気が高い方なので、デートや友達同士でも多くの方が見に行っています。

また20代や30代カップルや初デートなどにもおすすめ出来る映画です。

ラブシーンやベッドシーンなど「エロい」シーンの有無

初めて一緒に映画を見に行く相手や親子で見に行く場合にはラブシーンの有無は気になりますが、ちはやふるでは気まずくなるようなラブシーンやキスシーンはありませんので、お子様から付き合いたてのカップルまで気軽に見に行くことが出来ます。

関連する映画

広瀬すず出演の映画
海街diary

次の記事

ちはやふる映画はつまらない? 酷評もチェックしておく

ちはやふる映画の知らないトリビア

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする