あやしい彼女のネタバレ付き解説

このページでは映画「あやしい彼女」のあらすじやネタバレを解説しています。またデートやお子様と一緒に行く際にはラブシーンやベッドシーンの有無も気になると思いますので、映画内でのそういったシーンの有無や量なども解説しています。


目次

  1. あやしい彼女の公開情報
  2. あらすじをチェック
  3. ネタバレを含む詳細な内容
  4. デートや子供連れなどシーン別知っとく情報
  5. 関連する映画
  6. つまらない? 酷評もチェックしておく

スポンサーリンク

あらすじをチェック

2014年公開の韓国映画『怪しい彼女』を、『舞妓 Haaaan!!!』『謝罪の王様』などの水田伸生監督がリメイクしたコメディー。73歳の頑固な女性がひょんなことから20歳の姿に戻り、失われた青春を取り戻していく姿を描く。ヒロインの20歳時を『ピース オブ ケイク』などの多部未華子が、73歳時を『うなぎ』『OUT』などの倍賞美津子が演じる。多部による1960年代から1970年代のヒット曲の熱唱や倍賞の毒舌など、一人の女性を演じる二人の女優に期待が高まる。

ネタバレを含む詳細な内容

この映画では予告編でも明らかにされている通り、主演の多部未華子さんが中身が73歳のおばあちゃんを演じます。

元々頑固で周りからも敬遠されるおばあちゃんだったのですが、ふと立ち寄った写真館から出ると20歳の時の自分=多部未華子の姿になっていた。

突然の若返りに有頂天になり、名前を節子と変え、ヘアスタイルやファッションも一新し、新たな人生を歩むが、中身と外見とのギャップで様々なトラブルを巻き起こします。

かなりのネタバレになりますが、この映画のキーポイントとなる空き缶の中には娘の通知票が入っています。

後に節子が自分の人生について考える大きなきっかけになります。

デートや子供連れなどシーン別知っとく情報

実際に見た人の意見などでは、あやしい彼女はデートや友達同士で見に行く方が多いようです。コメディなので笑いのツボが合わなければ厳しいので、1人で見に行くという方もいらっしゃいます。

ラブシーンやベッドシーンなど「エロい」シーンの有無

映画を見に行く時にはラブシーンやベッドシーンなど気まずいシーンを避けたいと思う方もいるでしょうが、「あやしい彼女」は基本的にはコメディなのでそれほどあからさまなシーンはありません。高校生や若いカップルでも十分気軽に楽しめるので、老若男女おすすめすることが出来ます。

次の記事

つまらない? 酷評もチェックしておく

トリビア

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする